NGSデータ解析時のファイルのフォーマット (1)

NGSのデータ解析時に用いられるファイルの形式は様々なフォーマットがあります。名前もよく似ているものが多く、初めは混乱するかもしれません。代表的なシーケンスのデータベースである UCSC に各種フォーマットの解説があります。

https://genome.ucsc.edu/FAQ/FAQformat.html

RNA-seq において、代表的なフォーマットは、FASTQ (ふぁすときゅー)とBAM(ばむ)です。

FASTQ

FASTQ は、シーケンサーで検出されたリードの配列を保存したものです。もとは、ATGCの文字を記述するだけの FASTA(ふぁすた)というフォーマットがあり、それに加え、シーケンサーで読み取った各塩基のクオリティーのスコアを格納したものです。リードを1本1本、記録しているため、数千万行から数億行の大きなサイズのファイルです。テキストファイルですので、テキストエディタで開くと、文字が読めます。(圧縮されている場合は、一度展開する必要があります。エディタによってはそのまま読めるものもあります。)

ファイルの拡張子は、.fastq, .fq などです。圧縮されていれば、.fastq.gz, .fq.gz のようになります。(FASTA の場合は、.fasta, .fa, fa.gz など。)また、_1.fq.gz, _2.fq.gz のように番号がついているものは、ペアエンドモードでシーケンスされた結果です。この場合、1サンプルあたり、2つのFASTQファイルがあります。

BAM (SAM)

シーケンサーから出力されたリード(FASTQ) を、リファレンスとなる配列にマッピングした結果は、SAM(さむ)形式のファイルになります。1本1本のリードが、ゲノム上のどこにマップされたかを示します。FASTQ の中身も含むので、ファイルのサイズは数十ギガバイト (GB) と大きくなります。ファイルの拡張子は、.sam です。SAMフォーマットの仕様は、GitHub で確認できます。

BAM は、上記の SAM を圧縮したものです。データの中身は、SAMと同一のものです。通常、マッピングした結果として提供されるのは、このBAMファイルです。1サンプルにつき1個の BAM ファイルになります(ペアエンドでもマッピング後のファイルは1個)。ファイルの拡張子は、.bam です。圧縮といっても、単純に gzip や、bzip2 で圧縮したわけではないため、専用のツール (samtools) を使って圧縮や展開を行います。(よって、sam.gz や sam.bz2 ではありません。念のため)

BAM は圧縮されているので、テキストエディタで開いても読めません。通常は、IGVなどのゲノムブラウザに読み込ませて、結果を確認することになります。(ゲノムブラウザでは、手動でSAMに変換することなく、BAMのまま読め場合がほとんどです。)

RNA-seq の場合、マッピング後の結果を比較することになりますが、単純に BAM ファイルどうしを比較するわけではありません。BAMファイルから、各遺伝子ごとに何本のリードがあるのかをカウントする作業が必要になります。

 

投稿者:

Atsushi Doi

株式会社セルイノベーター 取締役、研究開発部部長。理学博士。山口大学大学院理工学研究科修了。東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの特任助手を経て、株式会社GNIに主任研究員として勤務。その後、株式会社セルイノベーターの立ち上げに参加し、現在に至る。専門は、バイオインフォマティクス、おもにシステムバイオロジー。