ggplot2: 散布図 (scatter plot)

ggplot2 で散布図を書く例です。散布図は2次元のデータです。x軸とy軸にそれぞれのサンプルを指定し、geom_point() 関数で描画します。

ggplot(input_data, aes(x = Sample1, y = Sample2)) + geom_point()

実際のコードは、下記のようになります。aes の中の x, y の指定は、順序を守っていれば、省略可能です。

input_data <- tibble("Sample1" = rnorm(100),
                     "Sample2" = rnorm(100))

g <- ggplot(input_data, aes(Sample1, Sample2))
g + geom_point()

下記のように散布図が表示されます。

 

投稿者:

Atsushi Doi

株式会社セルイノベーター 取締役、研究開発部部長。理学博士。山口大学大学院理工学研究科修了。東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの特任助手を経て、株式会社GNIに主任研究員として勤務。その後、株式会社セルイノベーターの立ち上げに参加し、現在に至る。専門は、バイオインフォマティクス、おもにシステムバイオロジー。