Gene Set Enrichment Analysis (GSEA)

Gene Set Enrichment Analysis (GSEA) は、GO解析パスウェイ解析、に並んで、よく用いられる解析手法の1つです。

後者の2つの解析は、原理的には、遺伝子発現が増加または減少した遺伝子群を多く含む「特定の遺伝子群」を探すというものでした。この「特定の遺伝子群」が、あるキーワードをアノテーションに持つ遺伝子群であったり(GO解析)、あるパスウェイに載っている遺伝子群であったり(パスウェイ解析)するわけです。

この「特定の遺伝子群」を「遺伝子セット (Gene Set)」として、あらかじめ準備しておき、増加または減少した遺伝子群が、どの「遺伝子セット」に多く含まれているかを調べるのが、Gene Set Enrichment Analysis (GSEA) です。

GSEA
GSEA のサイト。

例えば、GSEA遺伝子セットには、「stem cell で発現が増加していた遺伝子群」があります。これは論文 (Pubmed 12228720) の情報をもとに作成された遺伝子セットです。このような遺伝子セットは、キュレーターによって登録されており、Molecular Signatures Database (MSigDB) と呼ばれるデータベースとして公開されています。

a gene set
遺伝子セットの例。

GSEA の利用、MSigDB の閲覧には、メールアドレスの登録が必要です。

> Subramanian,Tamayo, et al. (2005, PNAS 102, 15545-15550) and Mootha, Lindgren, et al. (2003, Nat Genet 34, 267-273).

 

投稿者:

Atsushi Doi

株式会社セルイノベーター 取締役、研究開発部部長。理学博士。山口大学大学院理工学研究科修了。東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの特任助手を経て、株式会社GNIに主任研究員として勤務。その後、株式会社セルイノベーターの立ち上げに参加し、現在に至る。専門は、バイオインフォマティクス、おもにシステムバイオロジー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください